【★どうが★やさしい日本語】なつでも「インフルエンザ」に ならないように きをつける

西日本新聞

手(て)をあらって、病気(びょうき)をうつさない 拡大

手(て)をあらって、病気(びょうき)をうつさない

「インフルエンザ」は、せきや  (たか) い  (ねつ) が  () る  病気(びょうき) です。

ほかの  (ひと) に  うつります。

福岡(ふくおか) (けん) の  小学校(しょうがっこう) や  中学校(ちゅうがっこう) で、(いま) 、インフルエンザが  たくさん  () ています。

7(がつ) 1(ついたち) 、  北九州(きたきゅうしゅう) () の  小学校(しょうがっこう) で、(おな) じ  クラスの  5(にん) が  インフルエンザに  なりました。

クラスは、(やす) みになりました。

(べつ) の  クラスも  4(にん) が  インフルエンザに  なりました。この  クラスも  (やす) みになりました。

7(がつ) 8(ようか) には、  福岡(ふくおか) () の  中学校(ちゅうがっこう) で  4つの  クラスが  インフルエンザで  (やす) みになりました。

ふつう、この  病気(びょうき) は  (ふゆ) に  たくさん  () ます。

でも、病気(びょうき) のことを  よく  () っている(ひと) は「(なつ) に  たくさん  () ることも  あります」と  (はな) します。

病気(びょうき) の  原因(げんいん) の「(きん) 」は、(なつ) も  います。

インフルエンザに  ならないために、() を  よく  (あら) ってください。

せきが  () るときは、マスクを  してください。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ