「オイサ」男たちが街を疾走 博多祇園山笠 「追い山」でフィナーレ

西日本新聞 夕刊

 夏の福博を熱気に包んだ博多祇園山笠は最終日15日早朝の「追い山」でクライマックスを迎えた。舁(か)き山笠七流(ながれ)が福岡市博多区上川端町の櫛田神社から同区須崎町の「廻(まわ)り止め」までの約5キロを、舁き手たちが「オイサ、オイサ」の掛け声を上げながら駆け抜けた。

 午前4時59分、今年の一番山笠・千代流が太鼓の音とともに同神社境内の清道になだれ込み豪快に櫛田入り。途中止まって一番山笠だけに許された「博多祝い唄(うた)=祝いめでた=」を唱和した後、再加速して街に飛び出した。他の流も続き、最後に「走る飾り山笠」の八番山笠・上川端通が巨体を揺らして櫛田入り。見物客を魅了した。沿道では、勢水(きおいみず)でびしょぬれになりがら走る舁き手たちに大きな声援が送られた。

 最速は櫛田入りが七番山笠・西流の30秒31、全コースは五番山笠・東流の28分35秒だった。 

 

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ