熊本西、終回逆転負け 有明・浅田投手が3安打完封 高校野球熊本大会

西日本新聞 熊本版

【九州学院―熊本西】9回2死一、三塁、熊本西・霜上(1)の暴投で九州学院の三走山路が生還。逆転に成功する 拡大

【九州学院―熊本西】9回2死一、三塁、熊本西・霜上(1)の暴投で九州学院の三走山路が生還。逆転に成功する

 第101回全国高校野球選手権熊本大会は15日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場と県営八代野球場(八代市)で2回戦計7試合が行われ、今春の選抜高校野球大会に出場したシードの熊本西が九州学院に逆転負けした。

 一方、大会屈指の右腕浅田を擁する有明はルーテル学院に完封勝ち。翔陽は鹿本との接戦を制した。人吉は序盤から得点を重ね湧心館・松橋に七回コールド勝ち。開新と熊本農も3回戦進出を決めた。

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ