大分南、大分商、佐伯豊南も3回戦へ 高校野球大分大会

西日本新聞 大分・日田玖珠版

【明豊―日田林工】5回、布施の適時打で生還する明豊の成田 拡大

【明豊―日田林工】5回、布施の適時打で生還する明豊の成田

 第101回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は15、16日に大分市の別大興産スタジアムで2回戦が3試合ずつ行われた。シード校の日本文理大付、情報科学、明豊が投打に力を発揮して3回戦に進出。大分南、大分商、佐伯豊南も勝ち上がった。

 大分南は小技を絡めながら相手を揺さぶって序盤に3得点すると、そのまま大分鶴崎から逃げ切った。日本文理大付は、主戦の翁長佳辰(3年)が打たせて取る投球で完投し、大分国際情報に勝利。大分商は試合序盤、100キロ以下のスローボールを投げる由布の先発に苦しめられたが、終盤には打線が活気づいて底力を示した。

 情報科学は小技や足を絡めて相手のミスを誘い、確実に得点を重ねて日田に勝利。佐伯豊南は初回、中軸が流れを作って先制すると、二回には無死満塁の好機に適時打が出て大分豊府を突き放した。今春の選抜大会で4強入りした第2シードの明豊は、初回から打者一巡の猛攻で6得点。先発全員出塁、本塁打2本と圧倒的な力を見せ、日田林工に快勝した。

大分県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ