国府、秀岳館準々決勝へ 熊本工は終盤で引き離す 高校野球熊本大会

西日本新聞 熊本版

【済々黌―熊本工】4回1死一、二塁、済々黌は6番甲斐の2点三塁打で同点に追いつく 拡大

【済々黌―熊本工】4回1死一、二塁、済々黌は6番甲斐の2点三塁打で同点に追いつく

 第101回全国高校野球選手権熊本大会は16日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場と県営八代野球場(八代市)で2回戦4試合と3回戦2試合があった。

 シードの熊本工は、粘る済々黌を終盤で引き離し勝利。東海大星翔は序盤から得点を重ね七回コールド勝ち。南稜と菊池も3回戦に進出した。

 4点差の二回裏に7得点し、逆転勝ちした秀岳館と、第1シードの熊本国府は準々決勝に進出した。

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ