伊万里、伊万里農林、佐賀北など8強出そろう 高校野球佐賀大会

西日本新聞 佐賀版

【佐賀北―龍谷】3回、佐賀北は2番久保のスクイズで2点を決めた 拡大

【佐賀北―龍谷】3回、佐賀北は2番久保のスクイズで2点を決めた

 第101回全国高校野球選手権佐賀大会は15、16両日、3回戦6試合が佐賀市のみどりの森県営球場であった。北陵、東明館、神埼清明、伊万里、伊万里農林、佐賀北が準々決勝進出を決め、8強が出そろった。

 神埼清明は延長十三回を戦い、今大会初のタイブレークで第2シードの佐賀学園を退けた。東明館は延長十一回、サヨナラ本塁打で有田工に勝利。佐賀北はエースの川崎がシード校を破った前戦に続いて完投勝利。北陵、伊万里、伊万里農林も次戦に駒を進めた。

 17日は、準々決勝2試合がみどりの森県営球場である。

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ