直木賞どうなる? 記者たちが語る「やはり受賞は…」 

西日本新聞 文化面

 第161回芥川、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。芥川賞は福岡市出身の古川真人さん(30)の「ラッコの家」など5作、直木賞は既に山本周五郎賞を受賞している朝倉かすみさん(58)の「平場の月」など6作が候補入り。直木賞は初めて候補者全員が女性の顔ぶれとなった。令和最初の両賞選考会を文化部記者が展望した。

 ―女性が占めた今回の直木賞候補。まず2度目となる窪美澄さんの作品から。

 A 1960年代の出版社で出会う女性3人の友情と、3世代に渡る女性の社会進出の努力と苦難を描くが、いい話すぎる。

 B でも、「#KuToo」や「#MeToo」などフェミニズムの風潮が再び高まる昨今、タイムリーではあった。

 C 「結婚した女性は専業主婦が当たり前」でそれに抗する「新しい時代の熱気」があったのは、もはや祖母世代。聞き手を孫娘にした設定が成功した。

 D 彼女たちの苦悩や喜びを孫世代がラストで受け継ぎ、余韻を残した。

 E モデル小説で丹念に調査しているが、逆に努力の跡が透けて見えた。

 F 前候補作「じっと手を見る」の方が窪さんの持ち味は出ていた。

 G ノンフィクションで読みたい題材だった。

 ―山本周五郎賞を受賞した朝倉かすみさんは。

 A 美しい恋愛小説。青砥と須藤の中年男女が社会の底辺で生きていることが恋愛をより純粋にしている。女性の死が冒頭で示され、理由の解明を物語のエンジンにする構成も素晴らしい。ただ、短文を連ねたハードボイルド風の文体は好き嫌いが分かれるか。

 B 2人の思いが通じ合っていても、老い先短い将来、世間体などで距離は縮まない。結末が冒頭で分かってるのにハラハラした。「いっちゃあかんやつ」という言葉は、どんな思いで口にしたのか。想像するだけで涙が出そう。

 D ウイットに富んだ言い回し、適度にそぎ落とされた会話などは元同級生という関係性を際立たせていた。行間に互いの情感が充満している。

 H 老い、病、金銭的な不安など現代の「平場」の「月並み」な人生に読者がいとおしさを覚える描写力に魅了された。

 E 50代の男女、元同級生。偶然の再会、病…。凡庸で直球な設定なのに、ページが進むごとに思いがけない場所に連れていかれる。中高生時代の人間関係から逃れられない行き場のなさや、デフレで不景気な今の日本という時代性をうまく取り込んでもいる。

 F 「トリニティ」など女性の立場から女性らしい葛藤を描く作品よりも、オーソドックスに男女を丁寧に描く本作の方が逆に新鮮だった。青砥が須藤を評した言葉を借りれば、この小説自体が「太い」。

 ―候補者中最多5回目の柚木麻子さんは?

 D 序盤はパンクなおばあちゃんが「マジカルニグロ」(白人の主人公を助けるためだけに登場する黒人キャラクター)という概念を知ると物語は一転する。誰しも心の中に抱く「マジカル」な部分をちくちく刺され、ひりひりした。

 C ストーリー展開は夢を現実にしたようなファンタジー。しかし、細部のリアルさが、それを不自然には感じさせなかった。

 G 柚木さんは同時代的なリアルを誇張して描くのがうまい。本作も高齢な主人公が家財道具をメルカリで処分し、生活費に充てようとする件などは、お年寄りの独居や空き家問題などが各地で珍しくない今、いかにもありそう。でも、物語の風呂敷を広げすぎて冗漫な印象を受けた。

 ―3度目候補の沢田瞳子さんは。

 A 梵唄(ぼんばい)に秀でた僧侶という語り手の設定に感心した。時代は違うが、琵琶法師が語る平家物語を意識したのではないか。東国の英雄、平将門の栄光と挫折という無常が見事に描かれている。傀儡女(くぐつめ)、群盗、土豪など国家の支配を受けない人々が生き生きと描かれ、従来の武将中心の歴史小説とはひと味違う。

 D 平将門が魅力的。逆賊として討たれる彼がとにかく格好いい。沢田さんが親交を結んだ、追われる者や小さき者に温かいまなざしを向けた故・葉室麟さんの影響だろうか。

 I 「京都=天皇こそが日本」という視線で書かれ、「天皇=京都」を相対化できる将門という素材を生かせてない。京都で暮らす作家の限界なのか。

 G 勝手に心の中で映像化して読んだ。音楽の担当は「あまちゃん」や「いだてん」の大友良英さん。「平場の月」が特にそうだけど、今回は映像化した時の配役を想像して読むと楽しい候補作が多い。

 ―もう一つの歴史もの、大島真寿美さんは?

 A 浄瑠璃への主人公の情熱や葛藤を、関西弁交じりの文体で描く。浄瑠璃と歌舞伎の関係や、浄瑠璃を書く手法なども細かく書かれ、江戸時代の大衆文化を身近に感じられた。

 D 浄瑠璃作者近松半二の成長譚よりも、虚と実の魔性の渦にのみ込まれていく作者たちの性(さが)を描ききった点が魅力的だった。

 E 半二の代表作「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」が生まれる過程に引き込まれた。

 G ただ、最終盤で「妹背山婦女庭訓」のお三輪が語り手となるのは、趣向を凝らしすぎでは? まあ、それも作家の性なのか。大島さんもまた渦に巻き込まれたのかもしれない。

 ―4度目の挑戦の原田マハさんは。

 D 国立西洋美術館の礎となった松方コレクションを巡る物語で戦後外交の秘史も描く。名画を巡るドラマチックな物語は面白いが、再現ドラマのようで心を揺さぶられなかった。

 E 「兵器ではなく美術館を」「戦争ではなく、平和を」が裏テーマか。福祉の予算を減らし、年金を削る一方で、米国から次々と戦闘機を購入する現政府を批判する静かな反戦小説という読み方もできる。

 A 中心人物の松方幸次郎も語り手の田代も育ちが良すぎてコレクションへの執着が感じられない。戦火を避けてコレクションを守った元軍人の日置が主人公ならば違ったはず。

 ―受賞は?

 E 朝倉さん。2作受賞なら大島さんも。

 A 完成度も面白さも大島さん。朝倉さん、沢田さんが続く。ただ、最近の女性作家は女性を主人公にすると「いい話」になりがち。波乱はあっても結局ハッピーエンドになる。今回も「トリニティ」「マジカルグランマ」が女性主人公で「いい話」。読者ニーズのせいもあるが、人間存在の探求という面では甘い。

 B 選考委員の桐野夏生さんや高村薫さんなど、平成を通じて活躍してきたベテラン女性作家は性別に関係なく、「人間」を深くえぐる作品を発表してきた。高村さんらの仕事に比して候補作を眺めると、やはりベテラン朝倉さんの作品に一日の長がある。

PR

PR

注目のテーマ