子どもと一緒に「恋活」しよう 福岡でシングルマザー支援イベント

西日本新聞 夕刊

子どもたちと一緒に、おにぎりを作る「KOIBANA」会員の男性=13日、熊本県荒尾市 拡大

子どもたちと一緒に、おにぎりを作る「KOIBANA」会員の男性=13日、熊本県荒尾市

 熊本県の荒尾・玉名地域の独身男性と、独身女性との出会いを支援している荒尾・玉名地域結婚サポートセンター「KOIBANA(コイバナ)」は27日、福岡県のシングルマザーと、ひとり親家庭に理解のある男性が交流するツアーを同県太宰府市で開く。「子どもと参加できる恋活イベントなので、夏休みの思い出を作ってほしい」と女性の参加を呼び掛けている。

 KOIBANAは、27日の交流ツアーへの参加男性らを対象に13日、子どもがいる暮らしを事前に体験するイベントを熊本県荒尾市で開いた。挑戦したのは、ポリ袋に具材や調味料を入れ、鍋に沸かしたお湯でゆでるパック料理。男性たちの中に小学生の子どもが交じり、育児の疑似体験をしながら、鶏の照り煮やおにぎりを作った。

 「もう少し背筋を伸ばして」「眉毛、そりすぎかな」「髪にボリュームを出すには、頭の後ろからドライヤーを当てるといいよ」。プロのメーキャップアーティストからは1人ずつ、身だしなみのアドバイスも受けた。

 KOIBANAは熊本県の6市町(荒尾市、玉名市、玉東町、南関町、長洲町、和水町)でつくる有明広域行政事務組合が2010年に開設。行政直営で、会員登録料、お見合い料、結婚が決まった場合の成婚料もすべて無料で、今回は内閣府地域少子化対策重点推進交付金を活用した。

 27日のツアーに参加する玉名市の製造業の男性(45)は「勤務先のシングルマザーの方がいろいろ苦労されている姿を見て、相手の女性をサポートできたらいいなと思った。いい出会いがあっても、あと一歩でうまくいかないので頑張ります」。自身も、中学生の息子がいるという同市の製造業の男性(35)は「工場で働く同僚は100%男性で出会いが全然ない。子どもがいると明るくなっていいですね」と楽しんでいた。

 27日は、太宰府天満宮を散策したり、梅ケ枝餅焼きを体験したりした後、それぞれが印象が良かった人をカードに書き込む。カップルが成立した場合、参加者たちの前での発表は行わず、後日、本人に伝える。

 女性の募集年齢は30~49歳。参加費は大人千円(バス送迎、昼食代など込み)、子どもは昼食が必要な場合500円。シングルマザーでない独身女性も応募できる。申し込みは21日まで。「KOIBANA」=0968(57)5144(火、水曜休み)。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ