佐賀市にオープンしたある店がブームだ

西日本新聞 社会面

 佐賀市にオープンしたある店がブームだ。北九州市に本社を置くうどんチェーン「資(すけ)さんうどん」。4日の開店以来、客が詰め掛け、店の前の国道は駐車場に入る車で渋滞が起きるほど。私も含め、佐賀総局の同僚もそれぞれ入店を試みたが、そのたび客の長い行列に諦めている。

 「北九州のソウルフード」とも言われ、丼やおでん、ぼた餅もあるメニューの豊富さが人気の秘密。私も2回の北九州勤務で飲み会帰りなどに通い、すっかりファンだ。佐賀のうどんチェーンの社長が「脅威だが負けられない」と語っていた。開店から間もないとはいえ、今の盛況ぶりには危機感も相当だろう。

 九州では福岡県以外で初の出店。佐賀を足掛かりに九州一円に展開する構えという。うどんと言えば「讃岐」のイメージが強いが、資さん進出を刺激に各地域の店がさらに切磋琢磨(せっさたくま)すれば「うどんを食べに行くなら九州」という時代が来るかも。 (安部鉄也)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ