大分商、シード文理を制す 杵築、大分工も準々決勝へ 高校野球大分大会

西日本新聞 大分・日田玖珠版

完投した大分商のエース川瀬 拡大

完投した大分商のエース川瀬

日本文理大付のエース翁長

 第101回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は18日、大分市の別大興産スタジアムで3回戦3試合があり、大分商が第1シードの日本文理大付を破り準々決勝に進んだ。杵築、大分工も勝ち上がった。第4試合の情報科学―佐伯豊南は降雨でノーゲームとなり、19日に延期された。

 ノーシードの大分商と日本文理大付の一戦は息詰まる投手戦で、互いにエースが完投。大分商は七回、相手のミスで好機をつくり犠打で先制すると、九回には日本文理大付翁長佳辰(3年)のマウンド動作の隙を突いて加点。最後まで粘る相手打線を川瀬堅斗(2年)が抑えた。

 杵築は初回、先頭が出塁すると打線をつないで2点を先制。降雨による1時間の中断後、別府翔青に流れを奪われ一時逆転を許すが、九回に再逆転してそのまま逃げ切った。第2試合は途中まで投手戦となったが、大分工が中盤から着実に得点を重ねて中津南に勝利した。

大分県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ