諫早農が完封勝利 ベスト16出そろう 高校野球長崎大会

西日本新聞 長崎・佐世保版

 第101回全国高校野球選手権長崎大会(県高野連など主催)は18日、県営野球場(長崎市)と佐世保市総合グラウンド野球場で2回戦4試合があり、ベスト16が出そろった。

 諫早農は先発中村が粘り強い投球で瓊浦を完封。五島海陽―壱岐の離島対決は五島海陽に軍配が上がった。対馬は12安打の猛攻で西海学園から9点を奪い、鎮西学院は諫早を下した。

 19日は試合がなく、20日から3回戦が始まる。優勝候補の創成館や長崎商、シード校を破った五島の戦いぶりが注目される。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ