八代、接戦制し8強に 昨年Vの東海大星翔も 高校野球熊本大会

西日本新聞 熊本版

【八代―人吉】9回1死二塁、八代は9番斉藤の適時打で二走伊藤(右)が決勝のホームを踏む 拡大

【八代―人吉】9回1死二塁、八代は9番斉藤の適時打で二走伊藤(右)が決勝のホームを踏む

 第101回全国高校野球選手権熊本大会は18日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場で3回戦2試合があり、シードの八代と東海大星翔が昨年に続き準々決勝に進んだ。

 八代は最終回に勝ち越して人吉との接戦を制した。昨年優勝校の東海大星翔は中盤に得点を重ね、南稜に勝利した。

 菊池―熊本工は雨天中止となり、19日に順延。同日午前9時半から同球場で行われ、ベスト8が出そろう。

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ