東明館、初の4強 高校野球佐賀大会

西日本新聞 佐賀版

 第101回全国高校野球選手権佐賀大会は11日目の18日、準々決勝1試合が佐賀市のみどりの森県営球場であり、第5シードの東明館が初の4強入りを果たした。第2試合の佐賀北―伊万里農林は降雨でノーゲームとなり、19日に順延となった。

 東明館は1点を追う九回、相手投手の制球の乱れを突き、2四球から単打を重ねて試合をひっくり返した。3回戦に続いて逆転劇を演じ、第4シードの北陵を退けた。

 19日は準々決勝1試合がみどりの森県営球場であり、4強が出そろう。準決勝は21日、決勝は23日にずれこむ予定。

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ