【動画あり】保護のウミガメ回復順調、公開へ マリンワールド海の中道

西日本新聞 ふくおか都市圏版

麻酔を施して、搬送されるアオウミガメ 拡大

麻酔を施して、搬送されるアオウミガメ

 福岡市東区の水族館、マリンワールド海の中道で18日、佐賀県唐津市で保護されたアオウミガメを、一般公開のために大水槽に搬送する作業があった。体長約1メートル、体重約150キロの大きさで、麻酔した後、大人6人がかりでの引っ越しとなった。

 ウミガメは1月6日、唐津市鎮西町のクリークで住民が発見、同水族館が保護した。魚類課の宮地勝美さん(53)によると保護当時は体温が低かったが、その後、順調に回復。「こんなに大きなウミガメが保護されるのは珍しい」という。19日から一般公開される。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ