九州全域大雨警戒 台風北上、前線が活発化

西日本新聞 社会面

 梅雨前線の影響などで九州地方は18日、帯状の雨雲に覆われ、各地で1時間に30~40ミリの非常に激しい雨を観測した。19日から20日にかけては、大型の台風5号の接近に伴い南からの暖湿気の流入が強まり、前線がさらに活発化。断続的に風雨が強まる恐れがあり、福岡管区気象台は土砂災害に厳重な警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、台風は18日、発達しながら東シナ海を北上した。19日は九州の西側の東シナ海を通過し、20日ごろに朝鮮半島付近に進む見通し。一方、梅雨前線は19日ごろまで対馬海峡付近、20日ごろまで日本海付近に停滞する見込み。

 九州は梅雨前線の南側に位置し、雨雲が急速に発達しやすい「暖域」に入っている。そこに20日にかけて接近する台風の大量の暖湿気が流れ込み、いつ、どこで大雨が降ってもおかしくない状態となる見込み。

 九州各県で19日夕までの24時間予想雨量は多い所で、宮崎180ミリ▽長崎、鹿児島150ミリ▽佐賀、熊本、大分120ミリ▽福岡100ミリ。20日夕までは宮崎200~300ミリ▽長崎、熊本、大分、鹿児島100~200ミリ▽佐賀100~150ミリ▽福岡50~100ミリ。気象台は浸水や河川の増水、氾濫への警戒と、落雷や竜巻などに注意を呼び掛けている。

■6万3000世帯に避難勧告発表 北九州市

 九州北部は18日夕から激しい雨に見舞われた。1時間に40ミリを超える雨を観測した北九州市は、土砂災害や河川氾濫の恐れがあるとして、約6万3千世帯、約12万2千人に避難勧告を出した。開設された避難所には13人が避難した。鉄道などの下を通り抜けるアンダーパス(市内24カ所)のうち、最大7カ所が冠水で通行止めとなった。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ