大型台風、20日に九州北部最接近 土砂災害への厳重警戒必要

西日本新聞 夕刊

 大型の台風5号は19日、東シナ海を北上した。九州北部は同日昼すぎに風速15メートル以上の強風域に入る見通し。台風は20日昼前から夜遅くにかけて九州北部に最接近し、沿岸部では風が強まり、台風周辺の雨雲の影響で局地的に非常に激しい雨が降る恐れがある。降り始めからの総雨量が100ミリを超えている所もあり、土砂災害への厳重な警戒が必要だ。

 台風は19日午前9時現在、中心気圧985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。東シナ海を北上して20日夜には朝鮮半島付近に進み、その後、勢力を弱めて温帯低気圧に変わるとみられる。

 福岡管区気象台によると、福岡県内の降り始めから19日午前5時までの総雨量は、北九州市八幡西区143・0ミリ▽宗像市124・0ミリ▽福岡市小呂島119・0ミリ-。20日朝までの24時間予想雨量は最大150ミリ、21日朝までは同200~300ミリ。

 対馬海峡から日本海付近に停滞する梅雨前線に向かって、台風周辺と太平洋高気圧周辺の両方から暖湿気が流れ込み、九州北部では20日にかけて雨雲が発達しやすい状態が続く見込み。気象台は浸水や河川の増水、氾濫、暴風、高波に警戒を呼び掛けている。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ