「藤子不二雄(A)展」

西日本新聞 もっと九州面

ブラックユーモアゾーンでは「笑ゥせぇるすまん」の場面が人形などで再現される(C)藤子スタジオ 拡大

ブラックユーモアゾーンでは「笑ゥせぇるすまん」の場面が人形などで再現される(C)藤子スタジオ

 27日(土)~8月18日(日)、福岡市中央区天神のソラリアステージ6階、西鉄ホール。「怪物くん」「忍者ハットリくん」「プロゴルファー猿」「まんが道」など数々の人気漫画を世に送り出した藤子不二雄(A)氏(本名・安孫子素雄)の世界を紹介する。

 会場は五つのゾーンに分かれる。「笑ゥせぇるすまん」などのブラックユーモアゾーンでは貴重な短編集を見ることができる。同氏が故藤子・F・不二雄氏(同・藤本弘)とともに漫画家を目指して富山県から上京して間もない頃の部屋を再現したトキワ荘ゾーンもある。両氏は「オバケのQ太郎」の共作で知られる。会場内は全て撮影できる。

 入場料は中学生以上千円、4歳から小学生600円、3歳以下は保護者同伴なら入場無料。前売りは各200円引き。東映=092(291)6792。

PR

PR

注目のテーマ