山車6基 勇壮「総がぶり」 鳥栖山笠

西日本新聞 佐賀版

 鳥栖市を代表する夏祭り「鳥栖山笠」は14日に「総がぶり」があり、2日間の日程を終えた。6町区の延べ約1300人が関わり、中心市街地に男衆の勇ましい掛け声が響いた。

 総がぶりでは、山車6基が本通筋商店街に勢ぞろい。男衆が山車を上下に勇ましく揺さぶると、沿道に集まった観客から拍手と歓声が湧いた。

 山車は八坂神社に向かい、鳥栖太鼓浮立(ふりゅう)「夢一期(いちご)」の太鼓の音に迎えられて閉会式。鳥栖山笠奉賛会の大石耕司会長が「2日間、無事に終わった。来年に向け、令和時代の山笠の歴史を積み重ねていきたい」と述べた。

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ