終盤 支持拡大訴え 参院選21日投開票 離島など繰り上げも

西日本新聞 長崎・佐世保版

 参院選は21日投開票される。長崎選挙区(改選数1)には自民現職の古賀友一郎氏(51)、国民民主新人の白川鮎美氏(39)、政治団体「NHKから国民を守る党」新人の神谷幸太郎氏(43)が立候補している。

 古賀氏、白川氏はそれぞれ離島を含めて県内各地で支持を訴えている。神谷氏は県内では選挙運動をしていない。

 投票は県内861カ所で行われ、時間は一部地域を除いて午前7時~午後8時。長崎、佐世保、五島、西海の各市と小値賀町の一部では20日に繰り上げ投票がある。開票は各市町で午後8時から順次行われ、開票終了は選挙区が22日午前1時ごろ、比例代表が同4時半ごろの見通し。選挙人名簿登録者数(3日現在)は115万778人。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ