佐賀市中心に2候補訴えへ 参院選21日投開票

西日本新聞 佐賀版

 参院選佐賀選挙区(改選数1)は21日、投開票される。自民現職の山下雄平氏(39)と国民民主元職の犬塚直史氏(64)は選挙戦最終日となる20日、有権者が最も多い佐賀市などで最後の訴えを行う。ただ、2陣営とも台風の接近により日程は流動的という。

 山下氏は午前中から佐賀市中心部を選挙カーで遊説。午後5時すぎに兵庫北のゆめタウン佐賀の近くで街頭演説し、午後7時40分ごろに唐人2丁目でマイク納め式を行う。

 犬塚氏は午前に唐津市で遊説し、午後は佐賀市中心部に入る。午後1時半から同市嘉瀬町の扇町交差点で街頭演説。午後8時に神野東4丁目の選挙事務所でマイクを納める。

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ