9人の争い21日投開票 参院選 消費税、年金問題など問う

西日本新聞 ふくおか版

 参院選は21日、投開票日を迎える。福岡選挙区は自民と立憲民主両党の現職に加え、公明、国民民主、共産の3党と四つの政治団体(諸派)から新人が立候補。改選数が1増えた3年前と同じ9人で3議席を争う混戦模様となっている。大型の台風5号の接近に伴い荒天が予想される中、各陣営は選挙戦最終日の20日も争点の消費税増税や年金問題などをテーマに最後の訴えに力を入れる。

 西日本新聞社などの世論調査では、自民現職の松山政司氏(60)が一歩抜け出し、立民現職の野田国義氏(61)=社民推薦、公明新人の下野六太氏(55)=自民推薦=が続く。

 70万票以上でのトップ当選を目指す松山氏は県内全域で組織戦を展開。分裂選挙となった4月の知事選のしこりが残る中、選対本部長が「(県内衆院の)全11区で1位を取る」と公言、引き締めを図る。

 野田氏は、知名度の高い蓮舫党副代表やタレントで比例候補の市井紗耶香氏などが応援に入った。県内各地でこまめに個人演説会を開き、消費増税の凍結などを訴えて安倍政権批判を強めている。

 自民推薦を受ける下野氏は、安倍晋三首相や自民の二階俊博幹事長の来援が実現した。目標の50万票に向け、元中学教諭という経歴を生かした教育政策への訴えを強め、支持層以外への浸透を図る。

 3候補を、共産新人の河野祥子氏(39)、国民新人の春田久美子氏(52)の両女性候補が追う展開。

 河野氏は、志位和夫委員長が福岡入り。「減らない年金」の政策をまとめたビラを県内に140万枚配布するなど政権批判票の取り込みを狙う。

 擁立決定が6月5日と出遅れた春田氏は、無党派層を意識して都市部を中心に遊説。弁護士としての実績や子育て経験もアピールし、知名度向上に徹する。

 ほかに政治団体では「NHKから国民を守る党」新人の川口尚宏氏(50)、「オリーブの木」新人の浜武振一氏(53)、「安楽死制度を考える会」新人の本藤昭子氏(77)、「幸福実現党」新人の江夏正敏氏(51)が立候補している。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ