熊本地震描いた「西原村」を上映 26日から、福岡県八幡東区

西日本新聞

映画「西原村」の一場面(C)2018映画『西原村』プロジェクト 拡大

映画「西原村」の一場面(C)2018映画『西原村』プロジェクト

 2016年4月の熊本地震で被災した熊本県西原村の住民らを見つめた映画「西原村」(久保理茎監督)の上映が26~28日、八幡東区東田の北九州市環境ミュージアムで開かれる。

 ドキュメンタリーの佳作を上映する「東田シネマ」の企画。映画では、地元で再建を目指すか、離れた場所に移り住むか悩む姿などを追う。

 上映は3日間とも午前10時半、午後1時、同3時半、同6時から。前売り一般千円など。東田シネマは「著作権ごと作品を西原村に譲渡した久保監督の意志に敬意を表したい」としている。上映の収益金は村の復興資金に充てるという。市環境ミュージアム=093(663)6751。

PR

PR

注目のテーマ