シードの飯塚と東福岡敗退 ベスト16出そろう 高校野球福岡大会

西日本新聞 ふくおか版

 第101回全国高校野球選手権福岡大会は20日、県大会4回戦の残り8試合が行われ、ベスト16が出そろった。シード校はこの日、飯塚と東福岡が敗れた。

 真颯館は序盤から得点を重ね、久留米に8-0の七回コールド勝ち。星琳は久留米商にリードを許して迎えた九回裏、2点を挙げてサヨナラ勝ちした。東筑は福島の反撃をしのぎ、6-5で逃げ切った。

 西日本短大付は、7-0の八回コールド勝ちで福岡水産を退けた。大牟田も八幡工を7-0と完封し、コールド勝ち。博多工は北九州市立との投手戦を2-1で制した。

 春日は初回に5点を先制し、飯塚の反撃を2点に抑えて勝利。自由ケ丘は7-0の七回コールドで、東福岡を圧倒した。

 確定した16強枠のうち、シードは11校。21日から5回戦に入り、久留米市野球場と北九州市民球場で計4試合が予定されている。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ