長崎6市町 大雨特別警報 台風5号「福岡 土砂災害警戒を」

西日本新聞 社会面

 台風5号は20日、九州全域を風速15メートル以上の強風域に巻き込みながら黄海を北上した。長崎県の離島では同日午前、発達した雨雲が連続発生する「線状降水帯」の影響で猛烈な雨が降った。気象庁は対馬市など長崎県の6市町に一時、大雨特別警報を発表した。午後には、台風周辺の発達した雨雲が東に移動して九州の広い範囲を覆い、各地で大荒れの天気となった。

 福岡県は21日朝にも強風域から抜ける見込みだが、同日昼前にかけて局地的に雷を伴う激しい雨が降る恐れがある。同日夕までの24時間予想雨量は多い所で九州北部180ミリ、南部150ミリ。気象庁は土砂災害に警戒を呼び掛けている。

 20日に出された大雨特別警報の対象はほかに、五島市▽新上五島町▽西海市(江島、平島)▽小値賀町▽佐世保市(宇久地域)。今年5月に運用が始まった大雨・洪水警戒レベル(5段階)のうち、最大級の警戒が必要なレベル5相当の発表は初めて。

 気象庁によると、台風と太平洋高気圧周辺の2方向から流れ込んだ暖湿気が九州や東シナ海付近で合流し、雨雲が次々に発達。対馬、五島両市では20日午前、1時間に推定約110ミリの猛烈な雨が降り、五島列島の小値賀町では24時間雨量が観測史上最大の366・0ミリに達した。暖湿気の影響で、大分、宮崎両県でも1時間30~50ミリの非常に激しい雨を観測した。

 降り始めからの総雨量は、20日午後4時現在、対馬市464・5ミリ▽宮崎県延岡市376・5ミリ▽大分県佐伯市317・5ミリ▽福岡市小呂島161・0ミリ▽佐賀市116・5ミリ‐など。

PR

PR

注目のテーマ