雲仙市観光客300万人割れ 18年観光統計

西日本新聞 長崎・佐世保版

活性化を目指す雲仙温泉街の中心部にある雲仙地獄 拡大

活性化を目指す雲仙温泉街の中心部にある雲仙地獄

 雲仙市は2018年の観光統計を発表した。観光客数は延べ約285万2千人(前年比6・2%減)で、4年連続の減少。05年の新市発足以来初めて300万人を割り込んだ。同市は減少傾向を食い止めようと、県内屈指の観光地、雲仙温泉街の活性化を図る新しい観光戦略の策定に乗り出す。

 内訳は、日帰り客数が約194万人(同5・9%減)で、宿泊客延べ滞在数は約91万2千人(同6・7%減)。雲仙と小浜温泉街の大型宿泊施設の休館、団体客向けの大型旅館が個人客向けに業態を移行し客室数を減らしたこと、改修工事に伴う受け入れ態勢の縮小などが影響したと市は分析する。

 宿泊客のうち外国人の延べ滞在数は約7万人(同0・4%増)でほぼ横ばい。中国や香港からの観光客の伸びが目立つ。修学旅行者数は約1万5千人(同12・1%減)だった。経済効果に当たる観光消費額は約118億1200万円(同6・3%減)。

 こうした厳しい状況に、同市は本年度予算に観光戦略策定推進事業として1650万円を計上。雲仙温泉街の活性化を目指す観光戦略を新たに策定し、21年度までの3カ年で計約5千万円をかけて施策を展開。魅力ある温泉街づくりで観光消費額の増加や地元産品の調達枠拡大などに取り組む。

 同市観光物産課は「従来は観光客増を目指していたが、宿泊受け入れ数が減っていることもあり、観光客に満足してもらうことで消費を促す方策を検討したい」としている。

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ