九産大九州、九回3点リード守れず 高校野球福岡大会

西日本新聞 ふくおか版

 九産大九州の野田壮吾投手(2年)にとって「魔の九回」となった。今大会の優勝候補の筑陽学園を八回までほぼ完璧に封じ込め、3点差で迎えたが、まさかの4失点で逆転サヨナラ負け。「先輩方に申し訳ない」-。試合後、涙をこらえられなかった。

 昨夏、南福岡大会の決勝戦に挑んだ九産大九州は、わずか1点差で甲子園を逃した。今大会に雪辱を期すチームのエース恒吉幸司投手(3年)から託された、先発マウンドだった。

 「気持ちで投げ切ろう」と夢中で腕を振り続け、初めて経験した九回裏。疲労と独特の緊張感から、体が思うように動かない。四球と連続安打、エラーも絡み、またたく間に同点に追い付かれた。そして、最後に投じた1球が適時打となり左翼手の前に弾むのを、ぼうぜんと見届けるしかなかった。

 「ふがいなさを痛感しました」。来年、一回り大きくなって必ず同じマウンドに戻ってくると誓った。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ