男子、沖学園など3回戦へ 女子は3回戦で姿消す 金鷲旗高校柔道

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 金鷲旗高校柔道大会は22日、女子の4回戦までと男子の1回戦、2回戦の一部があった。福岡都市圏勢は女子11チームが出場。九州産業と沖学園が3回戦で敗れ、全てが姿を消した。

 九州産業は1回戦の沼田(広島)、2回戦の松山聖陵(愛媛)をいずれも大将同士で破ったが、3回戦で比叡山(滋賀)の先鋒に4人抜きを決められ力尽きた。2回戦から登場した沖学園は大原(千葉)相手に先鋒の篠崎英夢選手が多彩な投げ技や寝技で5人抜きを決めるが、3回戦では逆に立命館宇治(京都)に5人抜きを喫して万事休す。修猷館、香椎、福岡工大城東は1回戦を勝ち上がるも2回戦で敗退した。

 男子は25チームのうち20チームが出場。福岡大大濠、沖学園、東海大福岡が3回戦に、筑紫台が2回戦に進んだ。糸島農、玄界、香住丘、福岡中央、東福岡は23日の2回戦に登場する。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ