注目の香月(若松)いざ出陣! 九州ジュニアで73キロ級準V

西日本スポーツ

 ◆金鷲旗高校柔男子1回戦:若松〈不戦1人〉尾道(22日・福岡市照葉積水ハウスアリーナ)

 男子の若松(福岡)が尾道(広島)との初戦を勝ち上がった。大将香月涼佑(3年)の出番はなし。「できたら早くやりたかった」は正直な感想だろう。2回戦では全国選手権16強でシードの四日市中央工(三重)と対戦。少しでも雰囲気に慣れていたかったはずだ。

 公立校で汗を流す香月の名前がクローズアップされたのは、6月の九州ジュニア73キロ級での準優勝だ。お手本は2年先輩の友田雄太(流通経大)。右足首などの故障を乗り越えて全国選手権60キロ級に出場を果たした友田が黙々と練習する後ろ姿を参考に、自身も練習に励み、台頭した。「常に相手をイメージして練習しているので、たとえ悪い組み手になっても対処できる」と余裕も生まれている。

 若松のチーム編成は香月以外全て下級生。「みんなで力を合わせて勝ち上がっていきたい」。大将が得意の足技を武器にチームを引っ張る。 (森本博樹)

PR

PR

注目のテーマ