中国報道局長に華春瑩氏が昇格 パンダ「聞き間違え」で話題

西日本新聞 国際面

 【北京・川原田健雄】中国外務省は22日、女性報道官の華春瑩副報道局長(49)が報道局長に昇格したと発表した。前任の報道局長だった陸慷氏(51)は北米大洋州局長に起用された。

 華氏は2012年に副報道局長に就任。記者会見では中国と対立する国を厳しく批判するなど強硬姿勢で知られる。

 普段はこわもての華氏だが、気さくな一面を見せて話題になったことも。17年12月の定例記者会見では、東京の上野動物園で一般公開が始まったジャイアントパンダ「シャンシャン(香香)」に関する質問を杉山晋輔外務事務次官(当時)についての質問と聞き間違えた。「杉山」の中国語の発音が「香香」と似ているためで、華氏は硬い表情で「日本は四つの共同文書に基づいて…」と答えたが、間違いを指摘されると「あのシャンシャンね」と表情を崩した。

 昨年1月には訪中した河野太郎外相と笑顔でツーショット写真を撮影。ツイッターに投稿され話題を呼んだ。

PR

PR

注目のテーマ