敬愛、埼玉栄を下し決勝へ 金鷲旗高校柔道女子 第3日

西日本新聞 夕刊

女子準々決勝で、山本(長崎明誠・右)を足技で攻める丸山(敬愛) 拡大

女子準々決勝で、山本(長崎明誠・右)を足技で攻める丸山(敬愛)

 令和元(2019)年度金鷲旗高校柔道大会第3日は23日、福岡市東区の照葉積水ハウスアリーナで女子の5回戦以降があり、3年ぶりの優勝を狙う敬愛(福岡)が決勝へ駒を進めた。

 敬愛は準々決勝で長崎明誠との九州対決を制し、準決勝では埼玉栄を相手に2人残して快勝した。九州勢では熊本西も準々決勝へ進んだが、大将戦の末に惜しくも敗退した。

 男子は2回戦の残りがあり、福岡県勢は南筑と東福岡が3回戦へ進出。筑紫台、若松などは2回戦で敗れた。女子の決勝終了後に男子3回戦がある。男子決勝は24日。 

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ