熊本西(女子)準々決勝で苦杯 金鷲旗高校柔道

西日本新聞 熊本版

 金鷲旗高校柔道大会は3日目の23日、女子の5回戦から決勝までと男子の2回戦の一部、3回戦が行われた。県勢は女子の熊本西がベスト8に入った。男子は9校が出場した。

 熊本西は5回戦の広陵(広島)戦で、先鋒・白石響選手(3年)と中堅・田中里沙選手(同)が2人ずつ抜き、快勝した。準々決勝の桐蔭学園(神奈川)戦は大将戦にもつれ込み、痛恨の反則負けで涙をのんだ。

 男子は九州学院と鎮西が3回戦を勝ち、最終日に進んだ。東海大熊本星翔、八代工は3回戦で敗退した。

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ