北陵「全員が力をつけた」 練習積み昨年上回る2勝 金鷲旗高校柔道

西日本新聞 佐賀版

 北陵(佐賀)は3回戦、優勝経験もある福岡大大濠(福岡)に挑んだ。中堅の香月崇志選手(3年)が合わせ技で一本勝ちしたものの、相手中堅に3人抜きを許して敗れた。

 大将の松尾康平主将(3年)は「自分より大きい選手と戦う練習がよくできていなかった」と悔しさをにじませたが、この金鷲旗までウエートトレーニングを欠かさなかったという。

 昨年は初戦で敗退。その雪辱を果たそうと「精力善用」「自他共栄」の言葉を胸に刻み、チーム一丸となって練習に励んだ。OBも稽古をつけてくれた。「昨年よりも全員が力をつけた」という蒲原弘行監督の言葉通り、22日には目標の初戦を突破し、2回戦も勝利した。

 迎えた3回戦で一本負けを喫した松尾主将は誓った。「卒業後も柔道を続け、全国で活躍できる選手になりたい」

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ