大牟田など3校4回戦へ 南筑、西短付接戦を制す 金鷲旗高校柔道

 金鷲旗高校柔道大会は3日目の23日、男子の2回戦の一部と3回戦、女子の5回戦から決勝までが行われた。筑後勢は男子6校が出場し、大牟田、南筑、西日本短大付が4回戦へ駒を進めた。

 大牟田は横浜修悠館横須賀(神奈川)との3回戦で、先鋒の広吉弘樹選手(3年)が5人抜きの圧勝。南筑は早実(東京)、西日本短大付は近大付(大阪)を相手に接戦を制し、4回戦に進んだ。小郡、久留米商、三井は2回戦で姿を消した。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR