東福岡など4回戦進出 金鷲旗高校柔道男子

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 金鷲旗高校柔道大会は23日、男子の2、3回戦などがあった。福岡都市圏勢は福岡大大濠、東海大福岡、沖学園、東福岡の4チームが4回戦へ進出した。

 3回戦で福岡大大濠は中堅の吉村直気選手が支え釣り込み足などで3人抜きして最終日へ。東海大福岡は一進一退の攻防を繰り広げ、最後は副将の佐藤匠選手が相手大将を支え釣り込み足で仕留めた。沖学園も中堅の新野尾真選手が内股すかしなどで3人抜きする活躍を見せた。

 東福岡は2回戦で先鋒の三原弘輝選手が4人抜き後に相手大将と引き分け。3回戦でも大将の中村建人選手が相手大将を送り襟絞めで破った。

 2回戦で大将同士にもつれ込んだ筑紫台は、合わせ技一本を取られ敗退。糸島農は副将の池野幸夢選手が健闘するも届かず、玄界と福岡中央、香住丘は相手先鋒に5人抜きを喫した。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ