九州北部が梅雨明け 昨年より15日遅く

西日本新聞 夕刊

 福岡管区気象台は24日、九州北部が梅雨明けしたとみられると発表した。平年に比べ5日遅く、昨年に比べて15日遅い。今後1週間は午後に雨や雷雨となる日があるものの、太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多い見込み。

 梅雨入りの発表は、1951年の統計開始以降で最も遅い6月26日。気象台によると、梅雨入りから7月23日までの降水量は福岡県久留米市が721.5ミリで平年値より約340ミリ多く、同県太宰府市は512ミリで平年値を約150ミリ上回った。

 気象庁によると同日、九州南部、四国、近畿、北陸でも梅雨明けしたとみられる。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ