九電を共同事業者に決定 鹿児島・指宿市の地熱発電

西日本新聞

 鹿児島県指宿市は24日、公募した地熱発電事業の共同事業者に九州電力を選んだと発表した。選定を巡っては、市内でホテル経営などの観光事業を展開する岩崎産業グループが、当初から九電に決定しており違法として、公募の中止を求める仮処分を鹿児島地裁知覧支部に申し立てていたが、却下されたという。

 市は2015年、共同事業者に九電とセイカスポーツセンター(鹿児島市)を選んでいた。しかし、セイカが今年4月に撤退したため新たに公募した。

 市によると、今月8日に審査会があり、応募した3者のうち2者が企画提案。有識者らでつくる審査委員会で九電を選んだ。

 市は九電と事業計画を練り、8月にも試験井戸の掘削のための助成金を国の外郭団体に申請する方針。

鹿児島県の天気予報

PR

鹿児島 アクセスランキング

PR

注目のテーマ