長崎県勢4回戦で姿消す 日大、3人抜き許す 南山は惜敗 金鷲旗高校柔道

西日本新聞 長崎・佐世保版

 金鷲旗高校柔道大会は最終日の24日、福岡市東区の照葉積水ハウスアリーナで、男子の4回戦から決勝までがあった。県勢唯一のシード校・長崎南山と県高校総体6連覇の長崎日大は、昨年と同じく4回戦で敗れた。

 長崎南山は佐賀商(佐賀)と対戦。大将同士にもつれ込む接戦となったが惜敗。小森将弘監督は「2年生の力不足を感じた。もうひとつリズムに乗りきれなかった」と悔しさをにじませた。

 長崎日大は北海(北海道)と対戦。次鋒の浦宜之が相手先鋒に払い腰で一本勝ちしたが、相手次鋒に3人抜きを許し涙をのんだ。松本太一監督は「弱すぎた」と言葉少なだった。

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ