佐賀商8強届かず 佐賀工4回戦で敗退 金鷲旗高校柔道

西日本新聞 佐賀版

 金鷲旗高校柔道大会は最終日の24日、福岡市東区の照葉積水ハウスアリーナで男子の4回戦から決勝までがあった。県勢は佐賀商がベスト16に進出したが、6回戦でシード校の崇徳(広島)に敗れた。佐賀工は4回戦で敗退した。

 佐賀商は4回戦でシード校の長崎南山(長崎)を大将同士の戦いの末に破ると、5回戦で東福岡(福岡)にも延長戦で勝利。その勢いで崇徳に挑んだが、最後は大将の小畑大樹選手(3年)が相手中堅と引き分け、力尽きた。井上安弘監督は「経験を今後に生かしたい」と悔しさをにじませた。

 佐賀工は4回戦で阿波(徳島)と対戦し、先鋒の江上宗志選手(3年)が2人抜きでリードしたものの、相手中堅や副将に抜き返されて、涙をのんだ。選手5人のうち3人が2年生という若いチームの健闘に、原田堅一監督は「来年につなげたい」と語った。 

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ