県道直径4メートルが陥没 小郡市津古 下水道管破損か

西日本新聞 筑後版

 24日午後4時半ごろ、小郡市津古の県道88号(久留米小郡線)で、通行人から「道路が陥没している」と110番があった。小郡署によると、現場は宝満川浄化センターの西側付近で、片側1車線が直径約4メートル、深さ約2・6メートルにわたって円形状に陥没。けが人はないという。同署は周辺約200メートルを全面通行止めとした。

 県道を管理する久留米県土整備事務所(久留米市)によると、道路下を通る下水道管の破損が原因とみられ「21日の豪雨の影響も否定できない」という。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ