海水浴「離岸流」に注意 7管管内 昨年事故3件、死者も

西日本新聞 ふくおか版

 第7管区海上保安本部(7管、北九州市門司区)は海水浴シーズンに合わせ、海岸から沖に向かってできる強い流れ「離岸流」への注意を呼び掛けている。6月には福岡市と山口県の海水浴場2カ所で調査を行い、山口県で離岸流を確認。若者向けに漫画仕立ての啓発アニメを製作し、動画サイト「ユーチューブ」で公開している。

 離岸流は主に、海岸に打ち寄せた波が沖に戻ろうとする時に発生。幅が10~30メートル、沖に向けての長さが最大で約300メートルになり、競泳選手とほぼ同じ秒速2メートルで沖へ流れることもあるのが特徴だ。昨年、7管管内(九州北部、山口県西部)では離岸流が原因とみられる事故が3件発生。そのうち、福津市の海水浴場で47歳男性が沖合約100メートルまで流され死亡した。

 7管は6月、昨年事故が発生した勝馬海水浴場(福岡市東区)と二位ノ浜海水浴場(山口県長門市)で調査を実施。同海水浴場では最大秒速0・4メートルの離岸流を観測し、海岸線に散布した海面着色剤が約10分で沖合約130メートルまで流された。

 7管は離岸流に巻き込まれた際の対応として(1)慌てず周囲に助けを求める(2)流れに逆らわず、海岸線と平行に泳いで離岸流から抜け出す(3)体力を消耗して溺れないように体を浮かせることに専念する‐を挙げている。

 啓発アニメでは、いつどこで発生するかを予測できない離岸流に備え、ライフセーバーを配置するなどの安全対策が施された海水浴場を利用することを呼び掛けている。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ