都市圏勢16強入りならず 金鷲旗高校柔道

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 金鷲旗高校柔道大会は最終日の24日、男子の4回戦から決勝戦までがあった。福岡都市圏勢は、昨年ベスト8の福岡大大濠が4回戦で敗退し、沖学園、東海大福岡、東福岡も5回戦で敗れ、ベスト16入りはならなかった。

 5回戦で沖学園は大将の中村峻平選手が僅差勝ちで相手大将を引っ張り出し、東海大福岡は先鋒と副将が引き分けて粘るが、いずれも及ばなかった。東福岡は1勝1敗3分のがっぷり四つで大将決戦となったが、延長戦の末に敗れた。4回戦で福岡大大濠は大将の森山幸喜選手が2人抜いて大将決戦に持ち込むが届かなかった。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ