家族差別一掃へ一歩 ハンセン病訴訟 原告団と首相面会

西日本新聞 社会面

 「父ちゃん、ようやくここまで来たよ」‐。国の隔離政策で差別を受け続けたハンセン病元患者家族訴訟の原告団が24日、安倍晋三首相からの直接謝罪を受けた。沈痛な表情で頭を下げる首相の姿に涙を流し、感謝の言葉さえ口にした原告たち。補償の具体化や差別、偏見の一掃に向けた取り組みはこれから。「まだスタート地点に立ったにすぎない」。今後に向け表情を引き締めた。 

 原告は代表の6人が官邸で直接首相と向き合い、差別を恐れて匿名で訴訟に参加した20人も同席。首相が「皆さまが強いられた苦難と苦痛に対して深く深くおわび申し上げる」と頭を下げると、すすり泣く声があちこちから聞こえた。

 原告3人が、隔離政策で狂わされた半生を語った。小学6年の頃に父親が隔離施設に収容された林力原告団長(94)=福岡市=は「父は病気のことを秘密にせよと何度も言った。私も遠縁を頼り、名前を変え、長い間逃亡生活を送った」と吐露。首相を見据え「家族を隠し続けるという苦しみを想像してください」と述べると、首相は神妙な面持ちでうなずいていた。

 面会後の記者会見で林団長は「父ちゃん、ようやくここまで来たよという思いでいっぱいになった」。弁護団の徳田靖之共同代表は会見で、直接の謝罪を評価し「根深く残っている差別偏見を克服する第一歩になる」と強調した。

 確定した熊本地裁判決では国の違法行為は1960年以降とされ、原告の訴えが認められなかった例もある。56年に父親が亡くなった奥晴海さん(72)=鹿児島県奄美市=は首相に「父親と引き離された被害が認められないのは耐え難い」と思いの丈をぶつけ、「本当に苦労をなさいましたね」と声をかけられたという。「総理にはもう一歩踏み込み、全ての家族に納得いく差別のない解決を実現してもらいたい」と訴えた。

 面会の最後に首相は原告全員と握手。女性原告が「正義を願います」と伝えると「分かりました」と応対したという。黄光男(ファングァンナム)副団長(63)=兵庫県尼崎市=は「総理の謝罪が本当かどうかは、法制度がどんなものができるかに尽きる」と述べた。

   □     □

恵楓園入所者「率直に評価」

 安倍晋三首相がハンセン病家族訴訟の原告に謝罪したことについて、国立ハンセン病療養所菊池恵楓園(熊本県合志市)の入所者太田明さん(75)は「率直に評価したい」と歓迎した。太田さんは2001年の国家賠償訴訟判決後に元患者救済の枠組みづくりに関わった。「補償の実現には原告内で意見を調整して国と何度も協議する必要がある。これからが重要だ」と述べた。

 ただ、家族訴訟判決では療養所非入所者の家族への賠償額が33万円にとどまる。01年訴訟の第1陣原告で入所者自治会長の志村康さん(86)は「この金額では補償を受けようと名乗り出る家族は少ないのではないか。国は、厳しい差別の実情を理解して補償交渉に臨んでほしい」と話した。

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ