学芸員語りまーす 「富野由悠季の世界」展(2) 新たな物語を予感 安田氏の油絵

西日本新聞 もっと九州面

兵庫県立美術館・小林公さん

 兵庫県立美術館(神戸市中央区)で近現代美術を受け持つ。本展を担当した学芸員7人のうち最年少。塾から帰宅すると放送されていたのが「機動戦士Z(ゼータ)ガンダム」(1985年)だった。

 「イチ押し展示」で挙げたのは、「∀(ターンエー)ガンダム」(99年)の宣伝用などに描かれたイラスト原画4点だ。約三千点もの展示物の中で唯一の油絵群である。筆を執ったのはキャラクター原案を担当した安田朗(あきら)氏。当時、ゲーム会社のクリエーターとして格闘ゲーム「ストリートファイター2」に携わっていた。その活躍に注目した富野氏が三顧の礼で迎えたとされる。

 ∀ガンダムは、テレビ版「機動戦士ガンダム」(79年)放映開始20周年の記念作品。「安田さんの原画は作品にクラシカルな風格を与え、ガンダムに新たな物語が始まることを予感させた」と評する。

◆展覧会「富野由悠季の世界」 9月1日まで、福岡市中央区大濠公園の市美術館。ポスター、セル画、イラスト原画など約3000点を展示。名場面集も上映する。西日本新聞社など主催。一般1400円、高大生700円、小中生500円。市美術館=092(714)6051。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ