鎮西学院、長崎商、海星、長崎日大 4強出そろう 高校野球長崎大会

西日本新聞 長崎・佐世保版

 第101回全国高校野球選手権長崎大会(県高野連など主催)は25日、長崎市の県営野球場で準々決勝4試合があり、ベスト4が決まった。

 鎮西学院は創成館に2-0で競り勝った。先発楠本は打たせて取る投球で創成館打線を被安打5の完封。昨夏の覇者創成館は2年連続の甲子園出場を逃した。長崎商は先発桝屋、2番手一ノ瀬による零封リレーで諫早農に6-0の快勝。海星は7-4で長崎総合科学大付との打撃戦を制した。長崎日大は九州文化学園に5-0で勝った。

 26日は休養日。準決勝の長崎商-鎮西学院、長崎日大-海星は27日、同野球場で行われる。 

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ