中村学園女子、筑紫台など順当に3回戦へ 玉竜旗高校剣道女子

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 玉竜旗高校剣道大会(九州剣道連盟、西日本新聞社主催)は25日、女子の1、2回戦があり、福岡都市圏勢は13校が3回戦に進出した。

 4連覇を狙う第1シードの中村学園女子は2回戦から登場し、3年の先鋒井上姫花選手が5人抜きし、危なげなく勝ち上がった。昨年の大会で3位だった筑紫台と福翔も順当に3回戦へ駒を進めた。

 修猷館は初戦の2回戦で1年の先鋒中村百花選手、2年の次鋒鋤崎由子選手の活躍で中堅から大将までの3人を温存した。香住丘、福岡、城南、西南学院なども2回戦を突破した。

 26日は女子の3回戦から決勝までが行われ、都市圏勢の大会10連覇に期待がかかる。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ