7投手の女房役、好リードさえる 筑陽3年・進藤捕手

 筑陽学園は、2投手の継投で小倉工打線をかわし、4強一番乗り。投手陣7人を束ねる進藤勇也捕手(3年)のリードがさえた。

 九回裏。先頭打者に四球を与えたマウンド上の西舘昂汰投手(3年)に素早く駆け寄り、「いいボールだった。その調子だ」。西舘投手のほおに赤みがさし、その後、失点したものの最後をびしっと締めた。

 各ピッチャーの性格や持ち球、調子を考え抜いた的確な配球には、江口祐司監督も太鼓判を押す。加えて、強肩。この日も初回、2度にわたり矢のような送球でランナーの二盗を刺し、攻撃のリズムを作らせなかった。「相手は走塁が得意だと頭に入れていたので」とさらり。

 1年の秋から正捕手の座を射止め、大学進学の先にプロを目指す。「そのためにも必ず、甲子園に」。春夏連続の大舞台まで、あと二つ。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR