“ぼっち”は駄目ですか? 「恥ずかしい」「自由」…孤独との向き合い方

西日本新聞 くらし面

 今回のテーマは「『ぼっち』は駄目ですか?」。独りぼっちをやゆする略語が若者を中心に定着しています。「寂しい」「周りの目が気になる」という声の一方で、「一人が好き」といった思いも寄せられました。年を重ねて病気になったときを心配する人もいるようです。さまざまな意見を通して、孤独との向き合い方も考えてみましょう。

 ●自分のペース、時間がほしい

 無職女性(69)=福岡市城南区 一人が苦手な人も周囲にはいるが、主体性がないと思う。基本、自分のペースで生活がしたい。友人と食べたいご飯が一致せず、別々の店に入ったこともあった。

 男子大学生(24)=福岡市東区 好きで一人でいるので、自分を「ぼっち」とは思わない。先日、採用試験の面接で「一人旅が好き」と自己紹介すると、面接官に「友達はいますか?」と聞かれて驚いた。「一人が好き」と「ぼっち」は別の話だ。

 会社員男性(36)=福岡県小郡市 生活は、一に仕事、二に家庭。必然的に「ぼっち」になる時間はない。あったとしても、つい仕事のことを考えてしまいそうだし、実際に休日も仕事の連絡がよく入る。思考停止するくらいの「ぼっち」の時間がほしいと思うことも。接待ゴルフでも家族に文句を言われるぐらいなので無理だろうけど…。

 ●病気や老後、いずれは誰もが

 主婦(70)=福岡市博多区 好きで独りぼっちになる人はいないのではないか。でも子どもの独立や配偶者の他界で、みんないずれ「ぼっち」になるのだと思う。今は夫と2人暮らしだが、どちらかが要介護になれば、友達と会うことも難しくなるだろう。以前暮らしていた田舎に比べ、今のマンションでは隣人同士の付き合いもない。この先、一人の時間が多くなっても楽しく生きられる方法を見つけていきたいとは思うが、妙案はまだない。

 契約社員男性(55)=福岡市南区 独身で、つるむような友達もいない。基本はほとんど一人で行動する。なので一人でいることにネガティブな感情はないし、今後もそんな生活を送ると思う。気掛かりは病気や年を取ったときの孤独感だ。ただ、それまでに人間関係を築いてこなかった人が、困ったときにだけ助けを求めるのは身勝手ではないか、とも思う。

 無職男性(79)=福岡市中央区 2年前に妻が他界。生前は「たまには一人になりたい」と思っていたが、今は寂しい。近所付き合いもなく、「おひとりさま向けバスツアー」などに出掛ける気にもならない。民生委員に頻繁に訪問されるのも少しうっとうしい。一緒にいてほしいのは誰でもいいわけではない。

 ●寂しさ、人の目…楽しめない

 男子高校生(16)=福岡県朝倉市 一人旅や「ぼっち飯」ができる人は格好いいとは思うが、学校では人目が気になるので「ぼっち」になりたくない。寮の昼食に遅れてしまって、一人で食べるときは恥ずかしくなる。みんなが友達と行動しているので一人で何かをする方が目立つ。

 女子大学生(19)=福岡市博多区 周りに合わせて気疲れすることも多いが、一人は寂しいので、大学では常に友人10人ほどのグループで行動している。アルバイトも友人と一緒に応募したい。

 建設業男性(44)=福岡市中央区 独身で友人もいないから、とても寂しい。一人でいるのは好きではない。食事をしたり遊びに行ったりするときは、友人や家族と一緒がいい。

 会社員女性(23)=福岡市中央区 海外への一人旅が好きだ。ただ、旅行中も会員制交流サイト(SNS)で友人の行動をチェックし、自分も近況を報告。「自分のことを忘れられるのでは」という不安から、結局一人の時間を楽しめていない。「ぼっち」にならないようにしなければ、という強迫観念がある。

 ●失恋に浸って見えてきた自分 【20歳からの手紙】

 恋人との別れをきっかけに一人旅をした福岡市東区の女子大学生(20)が「『ぼっち』も時には悪くない」と長文の手紙を寄せてくれました。要旨を紹介します。

 彼と別れて1週間たたないうちに旅に出ました。頭では納得しても、心がつらい失恋を受け入れられずにいました。何の予定も入れず、いつ帰るかも決めずに出発。知らない土地で、一人で過ごす自分を客観的に見ると、すごく寂しくもなるのですが、失恋の傷は忘れ去るべきものではなく、どっぷりと浸っていてもいいものだと気付きました。

 誰かといれば無理に元気を出そうとしたり、吹っ切れたかのように騒いでみたりもできたでしょう。一人だと、とことん暗く落ち込んでいられました。知らない町を歩いて、温泉やカフェに入ったり、夜は宇多田ヒカルさんの「First Love」を聴きながらネットカフェに宿泊したり…。

 会員制交流サイト(SNS)など、つながりが多すぎる世の中だからこそ、自己の内面が見えにくくなることもあると思います。「人は一人では生きていけない」からこそ、あえて一人になって見えてくるものがあります。

  ●寂しいからこそ一緒の喜びも【福岡市の専立寺住職 藤泰澄さん】

 「一人でいたい」という考えは、本人の心からの意思であればそれでいいと思います。ただ、その思いの背景には「人に受け入れてもらえない」と疎外感を感じた経験が隠れているのかもしれません。周囲の環境が「一人でいたい」と思わせてしまっているのです。

 現代社会には、残念ながら「一般常識」や「基準」なるものから外れている人を排除するような雰囲気があります。その社会をつくっているのは私たち一人一人。もう少し寛容な社会でありたいですね。

 「一人が寂しい、つらい」というときは、思い切って誰かにありのままを話してみませんか。話を聞いてくれる人がいれば、それだけで孤独ではないとも言えます。感情を文章や詩、俳句、絵などで表現するのもいい方法です。気持ちが落ち着きます。

 仏教には「独生独死独去独来(どくしょうどくしどっこどくらい)」という教えがあります。独りで生まれ、独りで死に、来るときも去るときも独り-。人生は底知れないほど寂しいものだと説いています。でも寂しいと感じることがあるからこそ、誰かと一緒に過ごす楽しさ、心が通い合った喜びも感じられるのではないでしょうか。

 ●「選ばれない」不安を象徴【早稲田大文学学術院教授 石田光規さん】

 人間関係は、かつては地縁や血縁といった「共同体」が中心でした。社会保障が充実しライフスタイルも多様化した現代では、生きるために共同体を維持する必要がなくなり、人間関係は自らの好みや目的に応じてつくる「選択的」なものへと変わったのです。

 この関係は、自由に相手を選べる魅力がある一方、相手から「選んでもらえないかも」「切られないか」という孤立への恐れが常につきまといます。関係を維持するために無理したり、本音を隠したり。たくさんの人と「つながっている」のに孤独を感じるのはこのためです。

 近年急速に広まった会員制交流サイト(SNS)は、友人数や「いいね」の数、応答の早さなどを可視化しました。人気や受容度が一目で分かるため、不安は一層膨らみます。そうした不安を背景に「ぼっち」という言葉が生み出されたと考えます。

 漠然と不安を抱くのは自然なことですが、頼りたいのに相手がいないという孤立は解消すべきでしょう。孤立死は増加傾向にあり、社会的な損失です。孤立した人が仲間づくりの場に出ていくのは難しい。買い物や美容院など日常生活の動線上に支援につながる場を設けることが必要です。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ