シード三養基8強 龍谷、白石、敬徳4回戦で涙 玉竜旗高校剣道女子

西日本新聞 佐賀版

 玉竜旗高校剣道大会(九州剣道連盟、西日本新聞社主催)は3日目の26日、福岡市東区の照葉積水ハウスアリーナで女子の3回戦から決勝までがあった。シード校の三養基が8強入りしたが、準々決勝で守谷(茨城)に敗れた。

 三養基は5回戦でシード校の済美(愛媛)を破るなど順調に勝ち進み、準々決勝に進出。先鋒の徳川美空選手(2年)が相手先鋒を破ったが、その後は巻き返され、大将の中村日南選手(3年)が相手中堅と対戦。粘りをみせたものの面と小手を奪われた。

 中村選手は「気持ちや詰めが足りなかった。優勝を目指していたので悔しい」と話した。

 龍谷、白石、敬徳は4回戦を突破できなかった。

 男子は26日に開会式があり、27日に1、2回戦が行われる。県勢は23校が出場する。

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ