三養基「総体で借りを」 準々決勝で涙

西日本スポーツ

 ◆玉竜旗高校剣道女子準々決勝:守谷〈不戦2人〉三養基(26日・福岡市照葉積水ハウスアリーナ)

 初優勝を狙った三養基は昨年に続いて準々決勝で涙をのんだ。守谷と序盤は互角に戦ったが、中堅同士の戦いから3人抜かれて完敗。主将で大将の中村日南(3年)は「優勝を目指していた。相手大将を引っ張り出せず悔しい」と肩を落とした。8月の全国総体では予選リーグで守谷と同組に入っている。中村日は「全国総体では借りを返す」と気持ちを切り替えてから会場を後にした。

PR

PR

注目のテーマ