福岡で今季初「猛暑日」

西日本新聞 社会面

 九州地方は26日、強い日差しで気温が上昇し、福岡県では太宰府市など4地点で最高気温35度以上の「猛暑日」を今季初めて観測した。福岡管区気象台は同日、九州北部に「高温に関する気象情報」を出し、熱中症に注意を呼び掛けた。

 同県で猛暑日となったのは、太宰府市36・0度、飯塚市35・6度、久留米市35・1度、福岡市35・0度。大分県でも日田市で35・4度まで上がり、2日連続の猛暑日となった。

 九州では熊本県人吉市34・6度▽鹿児島県伊佐市34・5度▽宮崎県えびの市と佐賀市34・3度▽長崎県大村市33・1度など、62地点で今年一番の暑さだった。

 気象台によると、九州北部は今後1週間程度、日中の最高気温が35度前後の厳しい暑さが続く見通し。水分補給や冷房の利用などで、体調管理に気をつける必要がある。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ